スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説更新と僕を形成するもろもろが出土した話

新しく小説を書きました、やっとのことで。

不可思議の前に七月
「サーカスが来て頬がはれた話」


一人の同じ主人公が色々変な体験をするという連作短編小説です。久々にものを書いたのでテンションが上がってます。
「学校怪談」という漫画が大好きで、影響された挙句の小説です。
だいたい創作なんてそんな感じです。

書いているさなか、思い出したことがありました。
僕は中学校の卒業制作で、そう言えば短編小説集を書いていたのでした。
それも今回のようなこういう、学校怪談インスパイアによる学園恐怖ものっぽいものでした。
懐かしい。
あれが僕の始めての小説だったんです。
というか小説っていうかむしろ台本とかもひっくるめて見て、あれが始めての作品でした。
忘れていた自分の起源に思いがけず出会ってちょっとほっこりした感じです。
友達に読ませたなあ。恥ずかしいなあ。あの頃からちゃんと成長してるんだろうか。
確か六つか七つぐらい書いた気がする。そのうち五つ思い出した。

出来上がったものは担当教師に出して評価してもらうのだけど、僕の担当、というか小説評論のジャンルの担当は古文漢文のA部先生だったので、なんとなく納得いかなさを抱えながら提出した。
結果、全然評価されず(なんか「くだらん」みたいなものすごい酷いこと言われた気がする)、それに不当評価を感じた僕は、なぜ現代文教師を担当にしてくれないのだろうと学校を憎んだ。
その憎しみが現在の私を形成するパンク精神に一役買っているとかいないとか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

百壁ネロ

Author:百壁ネロ
生…1984年4月7日
業…深爪
職…根性

ヒャッカベネロです。
あんまりガツガツしてないブログを目指してます。

近況
最近観た映画
百壁ネロの最近観たスプラッター
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。