スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界に見て欲しい自分と、自分を見せられたくない世界と、それらを見たくも見たくなくもないその他大勢

またスポンサーサイトが出てやがったし、更新しないまんま二月終わっちゃいそうだったんで更新します。

つっても別に特になんにもないんですけど、いや、なんもやってないわけじゃないんですけど、でも今の段階で書けることが特にないって感じで、とか書いてる間に思いついたんですけど、あの、「小説書いてるよ!」「締め切りだ!」「次の仕事だ!」みたいなこと書くじゃないですか、ブログとかツイッターとかで、で、俺そういう誰に向かってかはわからないけどとりあえず仕事してるぜアピールが苦手で、苦手っつっても自分もしちゃうんですけど、なんかそういうのしちゃうのって心の不安なんだろうなって思うんですよね、「俺しっかりやってるよ!」「ほら見て!頑張ってるんだよ!」みたいなことを訴えかけたいわけですよね世界に、だって人は一人じゃ生きられないから、認められたいわけじゃないですか、でもそれがこう俺は受け手としては苦手で、「はいはい頑張ってるね頑張ってるね」みたいに、なんだ、「撫でて撫でて!」って来る犬をペペッとあしらっちゃうみたいな、そういうテンションになっちゃうわけなんですけど、でも、じゃあ「ゲームやってます」「ダラッとした毎日です」みたいな面だけ見せると「こいつなんもやってねーんだな」って思われちゃうじゃないですか、それはそれで嫌ですよねー、じゃあどうしたらいいのかっていうと、わかんないけど、『いま、自分が、何をやっているのか』ってことはまっっったく見せない、生活感ゼロの見せ方をしていけば理想的なのかもなあとかチラッと思ったりしました。

だから、わかんないけど、散文詩みたいなのを延々書くようなブログにしちゃえば、うわこいつよくわかんないけどヤベーなって思われるかも知れないですよね。やんないけどね、そんだけです。

あけま!!!!!!!!!!!! と、あと全然関係ない話

あけま!

更新しなさすぎてスポンサーサイト出てやがったんで更新します。今年もよろしくお願い致します。

まずいきなり宣伝なんですけど講談社BOX-AiR34号に書き下ろし短編を載せて頂いてます。
『痛々しい二人は出会うことのないまま痛々しい明日を背負って生きていく』 っていうクソ長いタイトルでとりあえず目立ってやろうと思ってそういうタイトルにした小説です。ぼんやりと目立ってるっぽくてよかったです。
これがなんと、ここのページで無料で全部読めます。
無料ヤバい。よかったら読んでやってください。あなたのワンクリックで救われる命があります。

で、他には、まあ色々あれこれやってはいるんですけど、
今んとこおおっぴらに公開できる話は特になーんもないので、どうでもいい話をします。

座右の銘ってあるじゃないですか。かっこいいっすよね。
俺も一応、座右の銘考えたんですけど、でも忘れちゃったんですよ。
たまーに思い出すんですけど、時間たったら忘れちゃって、なんかたぶんそのぐらいのどーでもいい言葉なんだと思うんですけど、なんだっけなー、『生涯適当』みたいな、いやそんなだせー言葉じゃないんですけど、でも意味的にはそんな感じだったような、でも全然違うような、なんだっけなー、クソモヤモヤしますね。

あと、また全然関係ない話なんですけど、俺普段から言葉づかいが汚くて、クソとかすげえ言っちゃって、そういうのがわりと自分的には良さのあるアイデンティティーなんですけど、今年はそれに磨きをかけていきたいなーって、これ今年の抱負です。

以上です。2014年最高。

2013年10月に見たスプラッターはまとめるものがないので、こないだ見た映画の話と、あと人生

友人に誘われて、9日に、TAP 完全なる飼育を見てきました。
わりかし一度は聞いたことがあると思われる、あの『完全なる飼育』シリーズの最新作です。
スプラッター以外の映画見んのすっげー久しぶりだなーと思ってたんですけど、普通に、まあ、スプラッターでした。
内容としては、なんかこう、なんだろう、面白いところあり、えっ?って思うところあり、えマジで?って思うところあり、マジか、って思うところありで、鑑賞感としてもスプラッターに近かったです。
この「えっ?えっ?」っていう感覚は、是非、劇場で体験して頂きたいです。映画ってすごいなーって思います。可能性というか、幅広さというか、そういうものが。
ヤクザものとか、監禁ものとか、あと、ダンスものが見たいっていう方、行ってみましょう劇場に。


それはそれとして、最近人生について考える時間が多いです。スケールでかいですね。
人生、人が生きると書いて人生でしょ?いいよねー人生。なんなんすかね人生。うまいこと生きていきたいですよねーほんとですよねーみたいな感じで、こういう身のないブログ、ブログっつーか身のない文章書くのおもしれーなーって思います。
こういう身のない文章、たぶん一時間ぐらい書き続けることできる気がするけど、それはそれで面白いだろうなーとは思うけど、でも身がないので、いや身がないのが悪いって意味ではないけど、でもまああんまりここで続けても身がないったらないので、とりあえず今日はこの辺にして、また人生について考えたことがあったらそのときに、書きます。ナイス人生。

2013年9月に見たスプラッターまとめ

9月は一本だけ見ました。
一本だけ見たなんていうのは見たうちに入んねえですよねマジ。

9月の鑑賞メーター
観たビデオの数:1本
観た鑑賞時間:93分

ゾンビ・オブ・ザ・デッド 2 [DVD]ゾンビ・オブ・ザ・デッド 2 [DVD]
高校生の卒業制作VTRでおなじみのゾンビオブザデッド1のあのテキトー吹き替えの面影もなく、JVDなのに全編ごくごく真っ当に吹き替えやってて、あーこれはハズレ引いたわーと思ってたら最後の最後エンドロールで衝撃のゾンビ音頭(吹替オリジナル)を聞かされて最低評価から一転、最高評価に変わりました。やっぱりJVD最高。マジ大好き。ゾゾンがゾンビ!!!あと、全然関係ないけどラストシーンでゾンビがサブウェイに入ってって映画終わちゃうの、かなりアッパーだと思う。
鑑賞日:09月01日 監督:

鑑賞メーター


で、全然話変わるんですけど10月号のBOX-AiRでごあけんが完結し、連載を無事終えました。
全七話、半年ちょいの連載でしたが、なんというかこう、あっという間というか、そうでもなかったというか、まだまだ書きたいこといっぱいあったようななかったような、とにもかくにも今は単行本化に向けていろいろやってたりします。ので、時が来ればこのブログで告知をしたりしなかったりしていこうと思います。
マジ小説イズエターナル。

せっかく13日の金曜日なのでスプラッター関係ない話をします

表題のとおりです。


①嘘の話

僕は嘘をつくのが苦手です。
なんか嘘ついたあと変に話を変えようとしちゃうっていうか、そらそうとしがちっていうか、突っ込まれたら「えーと」とか言って考えがちになったりして、ほんとに苦手です。
でもなんか嘘つくの苦手って人生損してるんじゃねえかなーって最近思って、だって嘘が上手いってなんかかっこいいじゃないですか、だから、嘘つく練習を始めました。
具体的には、一日一回嘘をつくっていう感じです。
9/12は、同僚の人に、『実家から梨が届いたんだけど腐ってた』っていう人畜無害で面白みも何もない嘘の話をしました。
でも、たったこれだけの嘘なのにすげえ罪悪感があったっていうか、そのせいでテンパったっていうか、「梨以外になんか届いたんですか?」って訊かれて「えーと…………カップラーメンとかです」みたいな、ちょっと変な間空いちゃったりして、自分の嘘の苦手さが露呈しちまいました。
精進したいです。


②自意識の話

たまーにあるんですけど、他人の自意識というか自己顕示欲というか承認欲求というか、そういうのに過敏になっちゃってすげえ耐えられなくなる時期があります。
なんかツイッターとかでずらずらーっと並んでる発言が、実際はそんなことはないはずなんですけど、全部「俺は俺は俺は!」「俺も俺も俺も!」「見て見て見て聞いて聞いて聞いて!」「ほらほらほらすごいでしょすごいでしょすごいでしょ!」っていう内容の集合体に見えちゃうというか、なんすか、渋谷のスクランブル交差点のど真ん中的な喧騒というか、とにかく、うわーってなります。
でもそれって結局、自分の自意識の裏返しというか、認められたい気持ちの反動というか、人のふり見て我がふりなおせの逆の、なんというか、我がふりが人のふりに見える的なやつで、つまりそういううわーってなっちゃってる時期は自分の自意識が強まってるってことなんだろうなーと思って、自分の浅ましさにゾッとします。
秋ですね。


➂以上

以上です。
全然関係ないけど、スプラッター映画もいいけどそれだけっていうのもつまんないので、恋愛映画百本とかほんとにやってみようかなーと思ってます。恋愛最高。

プロフィール

百壁ネロ

Author:百壁ネロ
生…1984年4月7日
業…深爪
職…根性

ヒャッカベネロです。
あんまりガツガツしてないブログを目指してます。

近況
最近観た映画
百壁ネロの最近観たスプラッター
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。